2021年08月14日

若い頃のお手入れは大事だった。

私のお肌の悩み。

シミ、シワ、ほうれい線、ソバカス、くすみ、毛穴、たるみ、いっぱいあります。



全て、若い頃のお手入れ不足が原因なのはわかっているけれど、今更後悔してもどうにもならない。



30代後半位から、これらのお肌の悩みが顕著に表れ始めたけど、それでもお金をかけたくない、面倒なことはしたくない、とやらなかった自分の責任。



でも、やっぱり、鏡を見ると凹むんです…



現在40代前半。



少しでも改善できないかと悪あがき中の日々です。

ほうれい線には口の中から舌で押すといいと聞いてやってみたり、ビタミンCのサプリを飲んでみたり、普段の洗顔後のお手入れ時にリフトアップさせたり、とささやかな抵抗を試みてます。

でもシミは年々少しづつ大きくなってる気がします。

皮膚科でもシミ取りをやってくれるから行ってみようか、でも金額が…と葛藤の日々。



今はマスク生活の日々。

シミ取りするならマスクで顔が隠れる今がチャンスか、でもマスク外の目元のケアに力を入れるべきか、悩んでしまう。



同年代でキレイな肌の人を見ると悲しくなる毎日。



肌のキレイな同僚に普段のお手入れ何をしてるの?と聞くと『しっかり保湿』と言われるので、安くてもいいから、たっぷり保湿から始めてみようかな。
posted by 肌のお手入れ at 00:00| 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月14日

茶クマの悩みとお金をかけない解消法

私は幼い頃から茶クマがあって悩んでいました。

自分ばっかりなんで、こんな幼い頃からくっきりとあるのだろうと悩んでいました。

花粉症で耳鼻科へ受診したときに、先生から、アレルギー体質だから仕方がない、と言われました。おそらく、痒みをどうすることもできないため、どうしても無意識レベルに目元を擦ってしまうからという意味かもしれないと考えています。

原因が分かるや否や、すとんと肩の重荷がとれたような気分になりました。仕方がないのなら、前向きに対策をしていこうと思うことができました。まずは、なるべく擦らないこと。痒くなったら、目薬をきちんとさすこと。メイクでは、BBクリームを塗ること、それだけでも茶クマは薄くなります。そしてBBクリーンの次に、最も重要な、コンシーラーを茶クマに少量ずつ塗り広げます。

そうすると、ハイライトカラーのシャドウを下まぶたにON。さらに無色の単色ラメシャドウも下まぶたに、ちょんと足します。それだけでも大きく変化があります。

涙袋のハイライト効果から、目の下のクマが目立たなくなります。オレンジ系のチークを血の気が出る程度に頬へふわっと広げて、さらに自然な肌にみせます。あとはとにかく、目への刺激を防ぐこが大切なので、洗うときにも優しく撫でるようにして、たっぷりと化粧水を使います。
posted by 肌のお手入れ at 00:00| 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月28日

加齢による肌のシミ・たるみ

20代、30代はこれといった肌トラブルもなく過ごしていたのですが、35歳ころから頬に結構大きめのシミができてしまいました。


美容室にいくと、そのシミを指して「薬剤ついちゃいましたか!?」と言われてしまうほどの目立つシミで現在でもコンプレックスです。


若い時に特に肌のお手入れをしていなかったからでしょうか・・・。

どちらにしても今はもう消すこともできません。(美容整形などでけせないことはないですが、そういったものは避けたいです)


現在ではいろいろなコンシーラーを試してみて、なんとか隠して過ごしております。せめてもと、、ルメントホワイトニングジェルでスキンケアにも力をいれています。


最近はたるみもすごく気になります。なんとなく瞼のあたりが重力に負けてきたなーとは思っていたのですが、最近、自分でスマホで自撮りをしなくてはならない場面がございまして撮影してみてびっくりです。

ほうれい線のあたりからアゴにかけて、すごくたるんでいました・・。

それはもう、ショックをうけました。毎日鏡でみている自分とは違うとても老けた写真が撮れました。笑

年齢にはかなわないと思いつつも同年齢でもきれいにしている方はたくさんいらっしゃいます。

今からでは遅いかもしれませんが、少し高級な化粧水・乳液を購入し、日々顔のマッサージに取り組んでおります。



posted by 肌のお手入れ at 17:46| 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月14日

肌の手入れをどこまでするか

私は、35歳女性です。中高生のころは脂ギッシュで、ニキビ肌用の洗顔料を使って、「さっぱり」用の化粧水・乳液を使っていました。

それでも脂はすぐに出てきて、ニキビの花畑でした。そのニキビは、年齢とともに、おでこからこめかみ、あご、とだんだんと上から下へ下がっていき、今ではニキビ?

デキモノ?がたまにあごにできるくらいです。脂ぎっていた肌は、だんだん乾燥肌に。潤いを重視した洗顔料を使い、「しっとり」用の化粧水・乳液・美容液を使っていました。が、子供が生まれて、自分のスキンケアにかける時間が取れません。

オールインワンタイプの化粧水も使ってみましたが、油分の分量が自分には合っていないような気がして、いろいろ試しているうちに、よくわからなくなりました。

そこで、思い切って、「肌断食」を行うことにしました。朝の洗顔は洗顔料を使わず、ぬるま湯で流すのみ。夜は、牛乳石鹸で洗い、その後はなにもつけない。最初のうちは、カサカサすぎたり、たまに脂っこくなったりしましたが、今では、安定しています。

お金をかけることもなく、自然と自分に合った肌になっています。さすがに冬場は、こどもの保湿剤を借りて塗ることもありますが、これからの季節は、本当に何もなしでOKです。お化粧をしていない日だったら、夜の洗顔も、ぬるま湯で流すだけのときもあります。
posted by 肌のお手入れ at 06:34| 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。